ひと筆申し上げます(三十・九・二十五)

「ひと筆申し上げます」HPバナー



高齢化が進む社会は 
多くの問題を抱えていますが 
そのひとつに
「買い物弱者」があります


運転免許証を返納して「アシ」がない・・・
歩いて行ける距離に店舗がない・・・


買い物をする ということは
品物を購入するだけではない意味を持っていて
それだけに問題を多く含んでおり 
近い将来 我が身にも起こりうること
ひとごとではないと感じます


最近では コンビニと運送会社が連携して始めた
ビジネスが注目されています
客から注文を受け 自宅へ届ける というサービスです


その仕事に就く人からこんな話を聞きました
お客様に品物を渡し
「ご利用ありがとうございます」とマニュアル通りの
あいさつだけでなく
「今日は蒸し暑いですね」と お天気の話や
「おかわりありませんか」と ひと言プラスする

すると 「わざわざ届けてくれてありがとうね」と
笑顔になられ 会話が増えるのだと 
明るく話してくれました


その場面が目に浮かぶようで このわずかな時間が
必要な品々を手にすること以上に 
互いの心を豊かに 温かくするのだと思います


今日も 品物と 
心からのひと言の花束を心待ちにしている方の元へ
軽四輪車を走らせるあなた


いってらっしゃい!  気をつけて
  
                    
(三十・九・二十五)


≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫