ひと筆申し上げます(三十・九・十一)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


涼しい朝でしたね

今夏は猛暑 豪雨 台風 
そして大地震・・・と 

日本列島は苦しみ悲しんでいます



その中にあって テニスの大坂なおみ選手が
全米オープンで 初優勝を遂げたニュースは 
広く人々の心に明るく届いたことでしょう
うれしいですね


さて おかげさまで 本当に皆さまのおかげで
当コラムが今回で二百回となりました


「はじめまして」とごあいさつしたのが
平成二十六年七月十五日

その日から今日までを振り返ってみますと
折々に 溢れる思いやりに救われ 
感謝を深くした年月であったと思います



再び入院中のことで恐縮ですが・・・

骨折の手術は部分麻酔でしたので 執刀医をはじめ 
スタッフの方々の会話は聞こえていました
しかし それを遠くに感じて 
閉じたまぶたに広がっていたのは
これまでの人生における 
多くの幸運に恵まれたことへの感謝の想いでした


慈しみ深い家族 温かい友人 仕事関係の知人・・・
かけがえのない 大切な人達への感謝が心に充ちていました

(ここでチャイムが鳴り 筆を置きました)


ご近所の方でした
「具合はどんな? これ食べて」と 
手作りの佃煮を届けてくださいました
ゴーヤとなすびです


ご近所にも忘れてはならない人達がいらっしゃいます


心根の「芯」となるものは「感謝」であると
この節目の日に新たにしたのは この想いでした



(平成三十年九月十一日)


≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫