ひと筆申し上げます(三十・六・十二)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


M子さんのお誕生日を祝うランチの
その日は「素敵」が重なりました


ひとつ目の「素敵」は 
待ち合わせ時間前に行ったフラワーショップです


大好きな白色の「カラー」か 
オレンジ色の「バラ」か を迷っていますと
お店の方がさりげなくアドバイスをしてくださり 
M子さんにお似合いの素敵なラッピングのブーケができあがりました


さて ふたつ目は レストラン「N」です


落ち着いた部屋で席につきました
やがて おしゃれな照明器具の明るすぎない灯りのもとに
緩やかな流れで運ばれるお料理は 
お味も盛りつけも 器も「素敵」づくしでした


チョコレートでプレートにお祝いメッセージが添えられたデザートをいただく頃は
三時間が経っていて M子さんと過ごした寛ぎのひとときを幸せに感じました


「N]のマネージャーMさんの心配りは 
客への愛 料理への愛が素晴らしく
ファンが多いのも納得です


またMさんは フラワーショップの方とはご友人とのことで
「素敵」つながりをM子さんと喜び合いました


そして 先程届いたM子さんからのカード
何と素敵なのでしょう!


(三十・六・十二)


「庭の一隅」挿し木したものです



≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫