ひと筆申し上げます(三十・四・十七)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


窓をいっぱいに開け放つ・・・そんな季節になりましたね


強めの風が清々しさを運んでくれました

そして 舞い込んだ香りは 
若葉?鈴蘭?それとも山からの藤?


不確かですが それは五感に響き 素敵なひとときでした


さて「舞い込む」といえば 続いて仕事のお話や
お食事会のお誘いをいただきました


急な仕事については 限られた時間で
準備を充分にできるのか・・・と 不安もありましたが 
そうした今までにない難題に向かうことも勉強である、と
感謝し 精一杯務めたいと思っています


と 同時に楽しみ始めている私です


(三十・四・十七)


余裕を失っている時 慰めてくれる花たちです




≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫