ひと筆申し上げます (三十・二・二十)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


平昌五輪は 各競技で
手に汗握る熱戦が続いていますね


久々の友人との食事会で話題の中心はオリンピックでした


実力を出せず悔し涙をこらえる選手・・・
また 世界を魅了する選手・・・


大舞台に臨むまでの時間が
どのようなものか測り知ることはできませんが
その全てが涙やガッツポーズに表れているのでしょうか


インタビューや会見でのコメントを聞くにつけ色々感じ入ります


美しい晴れやかな表情です 素晴らしい!
そのうしろにあるもの 「支え」そして「感謝」
また 勝者が敗者への思いやりを示す姿は 
人として選手として尊敬し
感動以上のものがあると思います


そして それは
陰でサポートする人達へ
病に伏せる人々へ
被災地の人々へ
また 未来へ向かって歩む子供たちへ
大きなおおきなメッセージとして届いていることでしょう


あと数日 新たにルールを学べた競技もあり 楽しみながら
応援したいと思います


あら?いつの間にか母親目線になっていました
重圧から解放されたら温かいお風呂に浸かっていやしの時を!と
熱い想いでいます



 (三十・二・二十)


≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫