ひと筆申し上げます(三十・一・三十)

「ひと筆申し上げます」HPバナー



一月も終わる 今では 
暮から年明けのよろこびや疲れも鎮まる頃です


この時季 届くおたよりは 寒中見舞いが多いです
その他 エアメールや 
健康を回復しつつある友人の人生初絵手紙など
心から 嬉しく手に取りました


立春までの 寒中見舞いにかえて 
季節のたよりを と葉書を求めました


春の図柄を選ぶのも楽しいものです

さて ひと筆 書いてみましょうか


(三十・一・三十)

≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫