ひと筆申し上げます(二十九・九・十二)

「ひと筆申し上げます」HPバナー

hitofude0912



はからずも「至福」という言葉に
続けて出会いました



おみやげに差しあげた手料理を
食べてくださった方からのメールに


「今朝 いただきました。 
朝一で至福の時間を過ごすことができました・・・」とあり
よろこんでもらえたことが伝わり 
嬉しく思いました


そして 翌日・・・セミナーを担当した日のことです


終了後 事務局の方から
丁寧なお礼メールが届き そこには
「・・・おかげさまで至福のひとときでございました」と
書かれていたのです



見に余る言葉に恐縮しました



また その日 帰りがけに 
メッセージカード、コーヒー、お菓子を
プレゼントしてくださる方がいらっしゃいました



思いがけないこの心遣いと 
クッキーのおいしさに 
一日の心地良い疲れはいやされ
まさに「至福」を実感したのでした



(二十九・九・十二)


≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫