ひと筆申し上げます(二十九・八・二十九)

「ひと筆申し上げます」HPバナー




八月もあとわずかとなり 
感じる「秋」が日に日に増えてきました



日暮れとともに 
耳に心地良い虫の声が響きます



「月鈴子」とは鈴虫の異称なのですね
美しい声は昔から人々に愛され
人々をいやしてきたのでしょう



流れる風も 空の表情も「秋」 
そして 草花も



庄原 七塚原高原で 
自生する「吾亦紅」を母と見つけた日のことが甦ります
「吾亦紅」 私には格別の「秋」です




今日は 花屋で求めました
アレンジメント添えることが多い脇役ですが
我が家では「主役」です




(二十九・八・二十九)



≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫