ひと筆申し上げます(二十九・六・二十七)

「ひと筆申し上げます」HPバナー





長年 お世話になっている美容院は 
店内に置かれる鉢植えのみならず
店の外にも多くの花や木が 手入れに応えて見事です



こちらへは 母も生前通っていたのですが 
十一年前のこの季節に
母は ひと鉢のアジサイをプレゼントしていました



オーナーは枝の剪定や肥料を与えるなど丹精され 
おかげで 毎年その姿が見られます



そして今日
「お母さんのアジサイが咲きましたよ お母さんは明るくて・・・」




暫くお話は続きました



十年以上も経って 
こうして思い出していただくことを大変嬉しく思います



また オーナーは
「譲ってほしいという方が何人かあり、差しあげているのですが
黒田さんもいかがですか」と言われ 
お言葉に甘えました



いただいた五本を早速挿し木し 
無事に根付くよう祈っています



母を忍びながら




(二十九・六・二十七)





≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫