ひと筆 申し上げます (二十九・一・三十一)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


先週ギブスがはずれました
痛みがあり、動きはじゅうぶんではないのですが、
気持ちが軽く、明るくなっています

そんななか、大阪市でのある企業さんの「ビジネスマナー研修」へ参りました
不安もありましたが、担当者の協力や参加者の温かい雰囲気のおかげで、
なんとか務めることができ、ほっとしています

仕事を終えてから、吹田市に住む娘のうちへ向かい、滞在した5日間は、
娘家族の思いやりが身に染みる時間でした
また、顔見知りのご近所の方との再会や、近くの珈琲店でマスターのこだわりの
ブレンドコーヒーをゆっくりと味わえたことも「和み」でした

滞在中、「第37回大阪府高等学校芸術文化祭」を観覧しました
演劇、手話歌、民族舞踊、和太鼓、ダンスなどなど、演目のうち
高校1年の孫がダンス部の一員として出演したのです
ステージいっぱいに、飛び、跳ね、リズムに乗る20人ほどはひとつになって
はじける若さ!
踊り切ったメンバーは皆、笑顔満開で輝いて見えました
毎日、厳しい練習を重ね、それに耐えてこその表現は眩しいはずです


そして、飼っている2匹のネコちゃんにも癒されました
「お膝にあがっていい?」とでもいうように、甘えて見上げるのです
もちろん、オッケー!
グルングルンと喉を鳴らし、すっかり寝入ってしまう・・・そんな様子と
手の平に残る柔らかな体や膝の暖かな感触が甦ります

            (二十九・一・三十一)



≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫