ひと筆 申し上げます (二十八・十二・二十)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


我が家には長年共に暮らす数種類の観葉植物がいます

葉が肉厚だったり 細い茎から次々に葉を増やしたり
また 十メートル近く伸びたり・・・と性質も表情もさまざまです

彼等は南側の窓際に並んでいます
冬の柔い陽が差し込む日はブラインドを調節しますと気持ちよさそうで
人が目を閉じて陽光を浴びる様に似ています

水や栄養剤は土と相談し 時には葉を丁寧に水拭きします
すると 微妙に異なる緑色が輝き いちばんいい顔になるのです

そうして彼等は私の心を明るい方へと誘い 慰めてくれます
今日もそうでした

敬愛する大切な方が彼の地へ旅立たれた深い悲しみを
知っているのでしょうか

            (二十八・十二・二十)




≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫