ひと筆 申し上げます (二十八・十一・二十二)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


三年ぶりに来日したブルガリアの「ソフィア・ゾリステン」の
コンサートへ行きました

バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスによる室内楽です

弦楽四重奏が紡ぐ二時間余りは一枚の上質な織物そのものでした

聴衆はスタンディングオベーションで心からの拍手を送り
素晴らしい演奏を讃えました
私もその中のひとり・・・手の平が痛くなるほどに

そして アンコール三曲のうち 日本唱歌の「ふるさと」は心に沁み入り
涙が出てしまったのです

こうしている今 CDから聴かれるのは ドヴォルザークの「ユーモレスク」です

あの至福の時が甦ります

            (二十八・十一・二十二)




≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫