ひと筆 申し上げます (二十八・七・二十六)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


この一週間は出かけることが続き 格別早く過ぎたように感じています

仕事 友人とのランチ 同窓会の幹事会 等です
また 京都への旅は喜びの時間となりました
中でも「保津川下り」は初の体験で 五感の全てがリフレッシュできた と
嬉しく思っています

JR亀岡駅近くの乗り場から乗船し
嵐山までの16キロを二時間弱かけての船旅です

水量が多くなかったので 時折かかる水しぶきは怖さより 心地よく
川面を渡る涼風は最高の贅沢でした

渓流を包む樹々のみどりは目に眩しく そして優しく
船頭さんの軽妙なトークに笑い転げ
コースの途中には出店の船もあり 求めたわらび餅は殊のほか美味で
家族全員 大満足の旅でした

四季それぞれの美しさ 感動をまたいつの日か味わいたいと話し合い
帰路につきました

            (二十八・七・二十六)




≪ 前のページコラムトップページ≪次のページ ≫