ひと筆 申し上げます (二十八・六・十四)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


人生には「人」「物」のみならず多くの出会いがあるものです

そう感じる出来事が続きました

ある夜の食事会は三十年来の友人達と一緒でした
お顔を見ながら現役ならではのお話が新鮮で元気をもらいつつ
いやされました

仕事が出会いのきっかけでした
それから今日に至る長い時間をいとおしく感じます

そして リフォームのため家具を移動した際に再会した品々・・・
やはり年月の流れの中で この品との出会いも私の人生を
豊かにしてくれたことを想いました

さあ明日はどのような出会いがあるでしょうか

            (二十八・六・十四)




≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫