ひと筆 申し上げます (二十八・三・一)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


三月は積雪でスタートしましたね
通勤などの足元にお障りのないことを祈ります

さて 今日市内電車に乗っている時のこと・・・
車内は満席で三列に立つほどの混雑ぶりでした

そこにひとりの英語圏からの来日かと思われる男性が
大きなリュックサックを背負って乗車してきました
長身の彼は体を折って窓外を熱心に眺めています
そして大きなリュックは電車の揺れとともに人々にぶつかってしまい
それに気づいた彼は 頭を左に倒して「ごめんなさい」という表情を見せました

人なつっこい笑顔としぐさ・・・
「いいのよ」と隣に立つ白髪のご婦人は返していました
通い合った「こころ」 これは万国共通ですね

旅行客が増えるこれから
この「こころ」で接したい との思いを新たにしたワンシーンでした

            (二十八・三・一)




≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫