ひと筆 申し上げます (二十八・ニ・十六)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


友人と会う約束をしてから わくわくして待ったこの日がやってきました

二時間余りのランチ その後少し歩いてカフェに移りコーヒーを飲んだ
数時間でしたが それでも話したりない気がするものです

フレンチのお店は満席で賑わっていましたが寛げる雰囲気で
お味も申し分なく心から満たされました

カフェの店先には大鉢にミモザと赤い南天の実 またテーブルには
ガラスの小瓶にユーカリがそっと活けてあり これも心に残る演出でした

寛ぎのひとときが鮮明に浮かびイラストにしてみると
ひとこまひとこまが蘇ります 
そして友人との大切な時間を想います
今ごろ どうしているかな・・・と

            (二十八・ニ・十六)




≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫