ひと筆 申し上げます (二十八・一・十九)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


一週間に一度 ある品を自宅に届けてもらっています

積雪三センチの今朝もいつもの時間にチャイムは鳴りました

急ぎ玄関へ出ますと いつもと変わらない笑顔でしたが震えておられます
一瞬迷いましたが「何か温かいもの飲まれます?」と尋ねますと
「わぁ嬉しいです ぜひ」と応えたあと
マスクをとってフーフーと熱いお茶を飲まれました

そして「おかげさまで手も温もりました」と何度もお礼を述べ
バイクで帰っていかれました

季節を問わず飲み物は却って負担になることもあるでしょう

私の「してあげたい気持ち」より相手が「望むか否か」を考えて「親切」を
行うことが大切だと思いますが 今朝は私の心まで温まる嬉しい出来ごとでした

            (二十八・一・十九)




≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫