ひと筆 申し上げます (二十七・五・二十六)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


高校時代の先輩とお会いし食事をしました

この方のなさることで いつも心打たれることがあります

それは お心づくしのプレゼントとその包装です
この日は、お庭の 八重咲きどくだみ草と 白色すみれを
株分けしてくださいました

苗はペットボトルを半分に切り 切り口は美しい布でくるまれています
ケガをしないようにとの配慮だけでなく見た目も素敵です。
更に全体を包む紙の縁はワサにしてありました

そしてチョコレートもきれいなラッピング、別の品には手書きののしが
つけられていました

このような丁寧な手仕事に 磨かれた感性と豊かな深い心が偲ばれたのです

            (二十七・五・二十六)



≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫