ひと筆 申し上げます (二十七・三・三十一)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


在職中に会員であった、ある勉強会の送別会が和やかに開かれました

幹事さんのご配慮で、私も出席することができました
この機会を与えられたこと そして今なおお世話になっていることに
改めて感謝し 心温まるひとときでした

さ 明日から新年度ですね
フレッシュマンの輝き 桜のオーラを浴びて
心新たに 歩みを進めましょう

            (二十七・三・三十一)



≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫