ひと筆 申し上げます (二十六・十二・二)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


師走に入りました これから一層慌しくなることでしょう

さて、手元にはすでに幾通もの欠礼の便りが届いています

大切な人を失われた方へは年賀状ではなく 寒中見舞状を差し上げることは
よく知られていますが 私はすぐに返信するようにしています

また 亡くなったことを喪中葉書で知った場合は 
お見舞いのお手紙に お花や線香を添えてお送りすることもあります

何より寂しい新年を迎える人を思いやる心がいちばん大切ですね

                     (二十六・十二・二)



≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫