ひと筆 申し上げます (二十六・十・二十八)

「ひと筆申し上げます」HPバナー


博多へ所用で行ってきました
どこも人がいっぱいで外国語も多く飛び交い大変賑わっていました

その中、ある場所を探すもわからず ついにお店の人に尋ねたところ
九州訛りのことばで案内してくださいました
仕事の手を休め、わざわざ・・・
そしてお礼を述べますと「いいえ」と素敵な笑顔を返して去っていかれました

感謝の気持ちと博多への親近感がぐんと増したことは申すまでもなく
素晴らしいお手本として心に刻みました

                     (二十六・十・二十八)



≪ 前のページコラムトップページ次のページ ≫